読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

アメリカでホームステイしたときの衝撃体験

日本と世界 社会と文化

うちの同居人(フランス人)は、日本に来る前にアメリカやカナダにも行ったことがあるそうです。
その中でも、彼女がアメリカにホームステイしたときのエピソードが面白かったので、ここに載せることにしました。以下の英文と日本文は、ともに彼女の文章です。

1/ Introduction

Going abroad is a dream of many students and young people. European passport owners don’t need any visa or work-permit to live and work in another EU country. But it is a little bit more complicated when it comes to moving to another Continent.
I had the chance to go to the U.S for the first time when I was 16 years-old. Originally, I wanted to go to Japan, but since it was too expensive for a modest family like us, my parents decided to send me to Boston during 3 weeks for summer vacations. The concept was to spend the whole stay with an American host family in order to get used to the American culture and improve my English, which was kind of average back then.

1、イントロダクション

若者や学生の多くは海外旅行に憧れる。
私のようにヨーロッパのパスポートを持っていれば、労働許可やビザがなくてもヨーロッパのどこでも在住することができるし働くこともできる。だが、大陸を渡ると難しくなる。

16歳のとき、私はアメリカに短期留学する機会があった。もともとは日本に行きたかったのだが、私のような一般的な家庭に育った者にとって、日本は高すぎたのだ。両親は、私をアメリカに行かせることに決めた。それは夏季休暇の3週間。目的はこうだ。アメリカのホストファミリーの家に泊まり、アメリカの文化を理解しながら、それまで平均的なものでしかなかった私の英語力を高めること。

2/ Giving presents to American people: a challenge?

In my country, when you are going to stay at somebody’s home for quite a long time, it is customary to bring presents, especially from the country you are from, so that you can introduce yourself and break the ice more easily. Bringing some souvenirs from your country gives a good first impression to your hosts. Since it was my first time in the US, I went shopping with my mom a few days before the departure. We bought French food such as chocolates, and foie gras (delicate French cuisine made of the liver of a duck or goose that has been specially fattened). But the last one was a very big mistake: American people hate animal cruelty, and being “vegan” is a respected trend and a way of life there. As soon as I gave my first host family the delicious-looking foie gras, they made a disgusted face and refused to touch it. Then I realized that presents should be limited to chocolate and postcards. In case you are wondering what happened to the foie gras, of course I didn't throw it away; I kept it all to myself!

2、アメリカ人に贈り物を買うのは・・・キケン?

私の国では、誰かの家に長期滞在をさせてもらう時に贈り物を持って行くのはマナーの1つだ。
特に、最初の自己紹介を和やかに済ませるためには、贈り物は重要だ。
持って行く物としては、自分の国の伝統的な物が、相手の第一印象を良くするだろう。
だから私は、初めてのアメリカ旅行だということもあって、出発の数日前に母と一緒に買い物に行った。買ったのは、チョコレートやフォアグラなどのフランスならではの繊細で上品な食べ物だ(フォアグラというのは、わざと太らせたカモやガチョウのレバーだ)。だが、その2つ目は大失敗だった:アメリカ人は動物に対する残酷な仕打ちを非常に嫌がり、菜食主義はアメリカ人にとって尊敬されるべきライフスタイルであり、流行だったからだ。そのため、美味しそうなフォアグラだったのだが、それを渡した途端、最初のホストファミリーは嫌な顔をして、試食さえしてくれなかった。その時、私は気付いた。贈り物はチョコレートとポストカードに限らないといけないのだ、と。フォアグラはどうなったか気になるあなた、安心してほしい。捨てずに、私1人で食べたからだ!

3/ Independence and path to adulthood

To me, travelling alone is very important because it forces you to grow up. Indeed, you have to face and figure out new challenges and experiences, and if you get in trouble, you have to get out of difficult situations all by yourself.
When I first got on the plane I was so excited. I had to take the plane 2 years earlier to go to Montreal with my family, but it was not the same: this time I was going very far from my country and my roots, all alone. I was not realizing yet, but I was taking a big step towards becoming an adult.
Of course, I was not travelling all alone, as I was under my organization’s responsibility, so I knew I could call them and rely on somebody if something happened. Actually, I was trying not to be negative. But what I didn’t know yet is that my journey was far from over; in fact, it hadn’t even started yet…

3、自立と大人への道

私にとって、1人での旅行は重要なことだった。なぜなら、それが私を成長させてくれたからだ。
実際、新しい挑戦や経験に直面することになるし、もしトラブルに巻き込まれれば自分の力で乗り切らなければならない。
初めて1人で飛行機に乗ったとき、私はとても興奮した。その2年前に家族とモントリオールに行くために飛行機に乗ったのだが、それとは違ったのだ。私はたった1人で、自分の国やルーツから遠く離れようとしていた。当時の私はまだ気が付いていなかったが、大人になるための大きな一歩を踏み出そうとしていたのだ。
もちろん、私は全くの1人きりで旅行していたわけではない。留学を支援する組織の責任の下にあったし、もし何かあったときには彼らを呼んで頼ることが出来ると知っていた。
私は暗く考えないようにしていた。だが、私の旅行がまだ終わりではないと、そのときはまだ知らなかった。実際、私の旅行はまだ始まってさえいなかったのだ。

4/ Host family, disappointment and making decisions

During my trip, I had two host families. The reason is that I couldn't get along with the first one. They were an African American family with a lot of children. I was staying with another French girl in the same family and we were not considered as French students who were visiting the US to learn more about the culture, but as “babysitters” whose role was to take care of the family’s children. I was surprise to realize that I had no freedom in the Land of Liberty; I couldn't go outside even for a walk, and the only time I was able to take a breath of fresh air was for 10 short minutes, with the non-negotiable condition to take the children with me. They were very religious, so we had the choice to stay home or come with them to the church.
For American people, the sentence “help yourself” is a symbol of hospitality, but at that time I couldn't feel any sort of warm reception: Actually, the refrigerator was full of baby bottles, frozen food and enormous bottles of drink. That’s why I spent one week eating beans and drinking orange juice.
Then, the other French girl and I couldn't stand the situation anymore. We called the organization who sent us to this family. The next day they were transferring us somewhere else. Our new family came to pick us by car; we were saved. That day I understood that if I didn't ask for help by myself, I could have spent my whole stay like this.

4、ホストファミリー、失望と決断

旅の間に、私は2つのホストファミリーにお世話になることになった。それは、1つ目のホストファミリーと上手くいかなかったことが原因だ。そこはアフリカ系アメリカ人の家庭で、たくさんの子供を抱えていた。そのホストファミリーには、もう1人のフランス人の女の子と一緒に泊まらせてもらっていたのだが、私たちは文化を学ぶためにアメリカを訪れたフランス人学生とは見なされていなかった。私たちは、その家族の子供たちの面倒を見るのが役目の「ベビーシッター」と見なされていたのだ。自由の国アメリカで、私には一切の自由がない。そのことに気が付いて、驚いた。私は散歩のために外出することを許されておらず、外に出て新鮮な空気を吸うためには、子供の相手をしながらというのが条件だった。それもたった10分だけ。彼らはとても信仰深く、私たちは家にいるか、一緒に教会に行くか、選ばなければならなかった。
アメリカ人にとって「help yourself(ご自由にどうぞ)」というのは、ホスピタリティの象徴だが、その時私は温かく歓迎されているとは感じられなかった。実際に、冷蔵庫はベビー食品や、冷凍食品、巨大なドリンクのペットボトルだらけだった(自由に取って食べれる物は何もなかった)。そのため、1週間も食べ物は豆、飲み物はオレンジジュースだけの生活だった。
そして、私ともう1人のフランス人の女の子はついに耐えられなくなった。留学組織に連絡し、状況を説明しながらホストファミリーを替えてもらえるよう、お願いした。次の朝、それは実現した。新しいホストファミリーが車で迎えに来てくれて、私たちは助かった。もし自分で助けを求めて連絡しなければ、あのまま3週間を過ごしていたかもしれない。

5/ Conclusion

In this report, you might think that my first trip to the US was a nightmare: of course it wasn't. Six years has passed since I went there, and sometimes human brain tends to remember only the sad moments. At the beginning, I had a rough time trying to get used to a new culture, a new climate, new customs in a country I had never been to before. My second host family were very nice people, and since I spent most of the time with them, they made me forget about my previous disappointing twists and turns. I am still getting in touch with them using internet networks.
If I had the opportunity to go to Boston again, I will definitely go to see them, because it is important to get along with people from all over the world in order to become bicultural.

5、結論

この記事では、私の初めてのアメリカ旅行が悪夢のように読めるだろう。もちろん、そうではない。あれから6年が経ち、ときどき人間の脳は悲しい想いだけを蘇らせる。最初は、まだ一度も行ったことのない国の新しい文化や天候や習慣に慣れるのに苦労を覚えた。2つ目のホストファミリーが本当に優しい人たちだった。そして、ほとんどの時間を彼らと過ごしたため、前のホストファミリーとの残念な経緯を忘れさせてくれた。今もインターネットのSNSなどを通じて、連絡を取り合っている。もしまたボストンに行く機会があれば、ぜひ会いに行きたいと思う。なぜかというと、バイカルチュラルになるためには様々な国の人々と仲良くする必要があるからだ。

TOP