読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

どうしてあのヒトは批判してくるの? 5つに整理してみたよ。

コミュニケーション 言葉

今日は文体を変えてみるよ。

一見、何の関係もなさそうなのに、
どうしてか批判してくるヒトっているよねっ♪ 
いったい、どうしてかなー?

そう考えるヒトが多いみたいなので、
コウモリの考える答えを書いてみるよ。


結論から言うと。
批判するヒトの動機は、次の5つのどれかなんじゃないかなーと思っている。

<ポジションによるエモーション>
1、嫉妬 → shit!   
2、叱咤 → shitter!

<ヒストリーによるヒステリー>
3、被害 → 加害者 
4、障害 → 邪魔者 
5、嫌い → 気質的・生理的・生得的

リズム重視で書いたので、意味が分かりにくいね!
そいじゃあ、ちゃんと説明するから、一気に見ていこう!

1、嫉妬 <ポジションちょい上へ>

shit!
「くそ!ちくしょうめ!」

PVや年収や交遊を巡る批判は、多くがこれなのかな?
「アイツなんてジブンと変わらないようなもんなのに、上手くやりやがって。いや、ジブンよりよっぽど酷い部分が目に付くくらいなのに。shit!」

きっと、少し上のポジションのヒトに対して持つ感情。だいぶ上に離れてしまったら、もう感じることはない。そのときは諦めてしまって、比較すらしないのだと思う。

隣家にあるから、芝生は青い。隣町の家の芝生の色まで、いちいち気にしてらんない。

つまり嫉妬されてるうちは、近しい関係なんだね♪ 仲良くしよう!

2、叱咤 <ポジションちょい下へ>

shitter!
「このクソやろうが!」

今度は逆に、少し下のポジションのヒトに対して持つ感情。
「前の自分を見てるみたいでムカつく。shitter!」

だいぶ下に離れてしまったら、もう感じることはない。そのときは鼻で笑って、相手にもしないのだと思う。
くだらなすぎて、いちいち批判する必要を感じないし、そんな気も起こらない。

つまり叱咤されてるうちは、近しい関係なんだね♪ 仲良くしよう!

あ。成長を願って、好意で批判してる場合、もあるよね。
「自分も昔そうだったから、教えてあげよう」とか。そういう場合は、遠く離れていても批判してくれることがある。うん。やっぱり、絶対に仲良くした方が良いと思う。

ポジションによるエモーションの図解

ちょっと上、ちょっと下。
そういう「近しい」ヒトに対して、強い関心を抱きやすい。
強い関心を抱くから、批判する。どうでもいいなら、放っておくハズ。

3、被害 <加害者へ>

過去に、本人や近しいヒトが、個人的な被害を受けていた場合。
加害者や、加害者に類似する者を批判する。
加害者に類似する者への批判は、「江戸の敵を長崎で討つ」無関係なパターンも。

普段は喧嘩しない・批判を言うことがないヒトが、怒って批判している。
そんときは、まずこれの可能性が高いと思う!

普段は喧嘩も批判もしないヒトって、
他人と比べた相対評価を気にせず、自分の中での絶対評価を見ていることが多い。

だから、ポジションで生じるエモーションが極度に少ない。
そのぶん、怒ったときは予想がしやすい。
「過去に、周辺の案件で何かがあった」と分かるから。

4、障害 <邪魔者へ>

自分の進む先に邪魔するものを、批判する場合。
ネット上では、つまらない記事が目に付く場所にあるときも、批判するね。
「時間を返せー!」「釣りかよー!」
ただ、これくらいなら1~3と比べると弱い感情なので、そんなに気にする必要もない。
その進路に、どの程度のコストをかけているか。どの程度の邪魔をしているのか。
やっぱ、それ次第だよね。
自分がよっぽど誰かの邪魔をしていて、それで批判されているってことに気付かない場合は少ないと思うから、「考慮すべき選択肢」に入ることが少ないんだろうなーと思う。

5、嫌い <気質的・生得的・生理的に>

①正義感で、批判するヒトもいるね。「〇〇は△△にすべきだ」ていう。
倫理的な善への執着が強い気質のヒトの場合ね。

②懐疑心で、批判するヒトもいるね。「〇〇は違う、△△だ」ていう。
論理的な真への執着が強い気質のヒトの場合ね。
懐疑主義でも合理主義でも、その呼び名はなんでもいいけれど、はてな名称ではモヒカンて呼ばれるヒトね。

③あと、とにかく嫌いーてヒトもいるね。「なんか生理的に嫌い」ていう。
感性的な美への執着が強い気質のヒトの場合ね。

プラトン先生を参考に、どのイデアへの執着があるかで分けてみたよ。自分とは違うイデアに執着してるヒトの価値観って、分かりづらいよねー。

まとめ

時系列でまとめると、こんな感じかな?

ヒトが誰かを批判する理由って、いろいろあるよね!
だから、批判されたからと言って、すぐに「嫌われてる!」とか「嫉妬されてる!」とか決めつけないようにしたいよね♪

あと、普段から「批判されたい、批判は大歓迎!」と言っていれば、上記の5つとは関係なく批判されることもあるかもしれないね!

追記
この記事は、次の記事とセットになったシリーズ記事です。
合わせて読むと、全体像が見えやすくなると思います。
インターネット上でネガティブなことを言われた!どうすればいいの? - コウモリの世界の図解
また、次の記事を読むと、考え方の幅が広くなると思います。
「裏切られた」と思う前に、「嫌がらせされた」と言う前に。 - コウモリの世界の図解

TOP