読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

PVやアクセスってそんなに大事ですか?

言葉 社会と文化 ITとWEB

(タイトルは、ある人から言われたコトバです)

コウモリは、PVやアクセスの話ばかりするヒトが好きではありません。
PVやアクセスのために書かれた記事が好きではありません。

多くの人に見てもらうことよりも、見てくれた人にどんなものを残せたか。
PV(ページビュー)よりUX(ユーザーエクスペリエンス)。
量より質。

そういうのを大事にしていると感じるメディアやヒトが好きです。
ヒトは、そういうメディアやヒトを「信頼」するものだと思います。

1000人に読まれて、嘘の情報を伝えたり嫌な思いにさせたりするよりも、
たとえ100人でも、正しい情報を伝えたり楽しくなってもらったりの方が、
良いに決まっている。

メディアの現状

けれども今は、個人のブログでも大手のメディアでも、
「PVが何より大事!」と考えてしまうPV主義の風潮があるようです。
旅客船沈没事故で恥をさらした醜悪な韓国メディア | 민용준
韓国のメディア状況を伝える記事ですが、どこの国でも同じような問題があると思います。

PVのためなら嘘を吐いても構わないと考えるメディアがある。
PVのためなら他人を傷付けても平気だと考えるヒトがいる。

メディアの未来

ただ、こういう風潮も長くは続かないんじゃないかな?とコウモリは推測しています。
「PV主義のつまらない記事や炎上記事にはウンザリだ」
そう考えるヒトが、たくさんいるだろうと思うからです。

きっと15年くらい後には、ウェアラブル端末が脳波を測定して、
「嘘を吐いたり嫌な思いをさせたヒトやメディア」に対するメタデータを転送して、
そういうヒトやメディアのページランクを下げてくれるんじゃないかなー?

もちろん、それほど極端な未来にはなっていなかったとしても、
ネット上に溢れるコンテンツを濾過・精査するシステムが進歩して、
今のPV主義みたいなつまらない考え方は絶滅するんじゃないかなー?

もしPVを重視するのだとしても、
「PVを得てたくさんの人に読んでもらうためには、
 本当に他人に喜んでもらえるコンテンツでなければダメだ」
そういう考え方が主流になってほしいし、そういう未来を作りたい。

WWWの未来

インターネットWWWは、まだ生まれたての子供。
ヒトの「信頼」が、完全には可視化されていない世界です。

それでも、最初の頃に比べれば、だいぶ進んできたんだと思います。

Yahooやグーグルなどの「検索」がもたらしたページランク。
はてなブックマークやフェイスブックなどの「SNS」がもたらしたバイラル。

それらによって、徐々に「信頼」を可視化できるように進歩してきたし、
これからも進歩していくだろうと思うのです。

そして、そろそろ次のブレークスルーがあるんじゃないかな?

数字じゃなく、ヒトを見よう。決めつけずに、読み込もう。

それを踏まえて、ブログを書くときに自分が気を付けていることがあります。

たとえばコウモリは、「この人は毎日アクセス解析を見ているんだろうな」と思えるような書き方を見た途端に、PV主義を感じてげんなりしてしまいます。次もそのブログを訪れようという気持ちが40%ダウンします。

もちろん、自分の記事のPVを気にするのは普通のことだし、コウモリ自身も、家族や友達と「あの記事はたくさん読んでもらえたー!」という話をします。でも、それがインターネットに書く内容だとは思えないし、アクセス解析なんて一週間に一度くらい見ておけば充分だと思います。

だいいち、アクセス解析の数字を見ている暇があったら、自分の記事にコメントをくれた人に話しかけてみたり、そのヒトのツイッターやブログを辿って、「次はどういう記事を書けば喜んでもらえるかな?」と考える方が有意義だと思います。

数字を眺めている暇があったら、目の前のヒトに聞いてみればいいじゃん。ポジティブなものもネガティブなものも、全部のコメントとその背景を読み込めばいいじゃん。

喧嘩じゃなく、提案しよう。生産的なことを書こう。

あるいは、「他人の名前をタイトルに出して文句を言う記事」も、残念な気持ちになります。誰かを否定する形でしか意見を言えないヒトは、信頼できません。

記事のタイトルに個人名を出して、その名前を否定することで自分を大きく見せようとする、喧嘩することで注目を集めようとする、PV主義を感じるからです。

もしも記事タイトルに他人の名前を使うなら、応援する意見を出すときか、そのヒト個人について皆の知らない情報を提供するときか、だと思っています。

PVやアクセス数の先に

とはいえ、コウモリ自身も「PVが大事」という考えに大きく影響されているな、と反省した覚えがあります。
それは、このブログの記事が初めてたくさんの人に読んでもらえたときのことです。コウモリは、ブログデザインで相談したヒトにツイッターでこう話しかけました。

もう少しした段階で、chiroruさん含めてデザインで参考にさせていただいた方を、「働く」テーマに絡めてきちんと紹介したいと考えています。今回いただいた自ブログのアクセスを、ちゃんとした記事でchiroruさんに還流できれば;

そして、言われたのです。

ツイート1
@1984lee あのー、そんなにアクセスって重要なのです?私は雑記録として気晴らしに、ストレス解消に書いているので、アクセス数の重要性(必要性?)がイマイチ分からないのです。

それで、コウモリも気が付いたのです。自分もPVやアクセスを重視しすぎているのかも、と。そうして考えた答えが、これでした。

まったく重要じゃないです! ただ、期待するかしないか、だけです。僕は、良いアクセスは「人の交流の始まりになるかも」と思っていて、chiroruさんのサイトを訪れた誰かが「面白そう」と思って話しかけて、新しい何かが生まれるのを期待しているのです。

そういうわけでコウモリは、PVやアクセスの先に、新しくて面白い何かがあれば良いなと思っています。

もしこの記事に共感して下さった方がいれば、ブックマークとかツイートとかシェアとかはしなくて良いので、ぜひchiroruさんに話しかけてみて下さい。
こういう記事を書いてらっしゃって、JavaScriptをいじれたり、ネットのグループで自作ゲームを作られてたり、っていう方なのですが、後で聞いてびっくりしたことに高校生の方なのでした。面白そうでしょ!?

そして、先ほどのコウモリのツイートに対して、

ツイート2
@1984lee 確かにそれは楽しそうだ!

こういう返事(言質)を頂いたので、どんどん話しかけて良いハズです。(笑)

余談

ちなみにid:chiroruさんと深夜までツイッターやDMしていたせいで、コウモリは同棲する彼女にブチ切れられるという経験をしています。ネット上で初めて話しかけたのに丁寧にデザインを教えてくれるというchiroruさんの優しさに触れた次の日の朝、彼女が言ったのです。
「昨日は遅くまでツイッターしてたんだね(-_-#) 私を1人で寝させて他の女と話して、楽しい?」
「え!? 男だよ! chiroruさんは、JavaScriptいじれるしメガネアイコンだし」
「絶対に女だよ。お菓子の話してたし、占いのツイートしてたし、デザインも女が好きなことでしょ!?」
「そう言われてみれば、たしかにそんな気も…」
この喧嘩のせいでコウモリは、まだツイッター上で1回しか話したことのないchiroruさんに向かって「男ですか、女ですか?」と尋ねる羽目になったのでした。

果たして、id:chiroruさんが女子高生だったのか、男子高生だったのか。

ここには答えを書かないので、ブログやツイッターを見て、当ててみよう!
投票先は、こちらです。
chiroru (chiroru_27) on Twitter

TOP