読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

教育を語るならトレードオフを見よう! 経験学習vs系統学習

教育について考えるヒト向けのお話です。

当ブログにしては珍しく辛辣なコトバを含むので、そういうのがお嫌いな方はそっ閉じを推奨します。

※コウモリがブチギレするテーマの1つなので、ご了承くださいm_ _m
追記。一晩寝た後にブコメを見て、一部の表現を柔らかくしました。ご指摘ありがとうございますm_ _m

経緯をざっくり

ちきりん女史の教育についての提案記事が話題になっています。
下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記

コウモリ自身は、この主張に賛成できる部分が多いです。もちろん、100%全部賛成というわけではありません。けれど、塾講師として実際に小中学生に算数・数学を数年間教えた身としては、「たしかに台形公式なんか要らないよね」とも思うし、「義務教育の内容はもう少し考え直すべきよね」とも思うからです。


その一方で、「ちきりん女史の意見はおかしい!」という意見もあります。
ちきりん氏のお粗末な科学教育論 - バッタもん日記

コウモリは、このバッタさんの反論記事を見て驚きました。というのも、これは正確に言うと反論にすらなっていない記事で、「議論のレベルが数段階落ちてもうてるやん」と思うくらい呆れたのですが、はてなブックマークというサービス上では、たくさんの賛同コメントが付いていたからです。


更に、バッタさんに同調する形で、やまもとさんも同様の記事を書かれています。*1
「役に立つ知識」としての学問: やまもといちろうBLOG(ブログ)

そしてこちらにも、なぜか賛同のブックマークがたくさん付いています。


なんでだろう?


というわけで、「なんで教育論では変な記事に賛同してしまうのか」を解説したい。
ただその前に、どこが非論理的で非科学的かを説明しないといけないので、このエントリでは、まずその解説をします。

目次 変な記事の解説


1、トレードオフを意識しよう
2、(補)それ、詭弁ですよ
3、系統学習と経験学習
4、マクロ:時代論
5、ミクロ:個別論
6、まともな議論と提案
余談、ご指導ありがとうございます

図は全部で6枚、約1万字あります。
長文が苦手なヒトは、1と3と6だけでも論旨は分かるので、それでどうぞ。

なお、次エントリで、「なんで教育論では変な記事に賛同してしまうのか」を解説する予定です。
これからの教育について - コウモリの世界の図解

1、トレードオフを意識しよう

一般論として

現行の教育案Aに対して、新しい教育案Bが出るときがあります。
①「AよりBの方が役に立つと思うんですが、どうですか?」と。

このとき、AとBを比較せずに
②「Aでも役に立つ可能性あんじゃん」という、反論にすらなっていない幼稚な言説が人気を集めることがあります。今回がそうですね。

AとBのどちらが有用か、どちらが有用になる確率が高いか*2
それらの検討を踏まえて、
③「BよりAの方が役に立つ確率が高いと思う。なぜなら~」という意見を出して、初めて①への反論になります。

今回の変な記事

この点で、上記のバッタさんややまもとさんの記事は、反論にすらなっていないわけです。
今回の例を使って分かりやすく言えば、こういう感じ。

①ちきりん氏
「今の、台形公式を計算させる教育より、住宅ローンの計算とかの方が、多くのヒトが使うと思うんだよね!」
「だから理数教育は、それが好きな3割には学問的教育でもいいけど、残り7割には生活的教育にしようよ」
 
②バッタさん、やまもとさん
「理数の学問的基礎は大事だよ、みんないつか使うかもしんないじゃん <`ヘ´>」

コウモリには、この意見が駄々っ子にしか見えません。
つーかさ、トレードオフを意識しようぜ! ちゃんと比較検討した議論をしようぜ!

この世界に、大事でないものなんて1つもありません。学んで損するものなんて、1つもない。

でも、選ばないといけない。義務教育で扱える内容は、有限だからです。そこで、トレードオフを意識して比較検討することが必要になるのです。

そのトレードオフを理解せずに、「理数の学問的基礎は大事だから~ <`ヘ´>」の1点張りで自分側の主張だけしても、反論にはなっていません。両者を比較した主張をしないと議論にならない。

というわけで、ちゃんと比較するために、「3、経験学習vs系統学習」へどうぞ。次の項目2は、今の内容をもう少し詳細に説明するものです。

2、(補)それ詭弁ですよ

義務教育を語る一般言説で、もっとも多いタイプの「詭弁」があります。
特徴が分かりやすいので、このさい憶えておいて良いかもしれません。

①子どもの可能性は無限だから、
②いつどこで何が役に立つかわからない。
③だから、子供の内から色々なことを義務教育で学ぶ必要がある。
④子どもの未来を狭めないようにしよう。

非常によく見る詭弁です。でも、この詭弁に気付くのが、なかなか難しい。経験的・倫理的にもっともらしいコトバを並べられると、どんなに論理的で科学的なヒトでも騙されてしまうことがある、というのは、認知科学での重要な知見です。更に今回の件は、次エントリで詳述する心理バイアスもあると思われます。

では、コウモリが詭弁だと感じる部分を説明します。それは、③と④です。

反③義務教育で扱える内容は「有限」であり、色々なことは学べない。
  =義務教育で何を扱うにせよ、扱われなかったものとのトレードオフがある。

反④何を扱うにせよ、扱わなかったものについての未来は(ある意味)狭まる。
  =子どもの未来を狭めない教育など存在しません

要点:何かを教えるということは、別の何かを教えないということに他なりません。プラスしか見ないのは、アタマがお花畑です。

では、教育はどうあるべきか。

理想的な、結論①

「トレードオフ」を踏まえ、何が子どもの未来に最も関連性・有用性があるか、科学的・論理的な比較をした上で、「もっとも未来の可能性を狭める確率の少ない・未来の可能性を広げる確率の高い」教育内容にすべき。

…しかし。
現状、教育内容と教育効果の因果関係についての統計的結論は出ておらず、また教育効果の指標をひとつに定めることは不可能に等しいわけです。つまり、自然科学的な手法では、何も答えが出せない。

なので、科学的・論理的に理想的な結論を具体的に出すなんて、そんなのムリぽ。

つーことで、教育現場や、教育を考えるヒトの間では、次のような暫定的な結論を共有してるわけです。

暫定的な、結論②

未来の範囲を狭めているパターナリズムの可能性を冷静に自覚しながら、それでも、そこから広がる未来もあるとの自信と情熱を持つこと。そのふたつの往復運動の中にしか、(義務)教育はありえない。

簡単に繰り返すと、「常にトレードオフを意識してこうぜ!」てこと。どんな教育内容で未来を掬い取ってみても、必ず零れ落ちる未来がある。そのトレードオフを前に、傲慢であってはいけないのです。
具体的に、何と何のトレードオフが大きく問題になっているかは、次の「3、経験学習vs系統学習」で紹介します。

参考 議論のイメージ

参考① 議論の正反合           参考② 議論の発展

3、系統学習と経験学習

というわけで、ちゃんと比較して議論してみましょう。
今回のトレードオフは、実は50年以上前からある議論の枠組みの類型・変奏です。

その伝統的な教育論の枠組みとは、「系統学習vs経験学習」です。*3
ひとまずコウモリの感覚で、この2つをざっくり整理します。*4

経験学習 系統学習
別名 問題解決学習 体系的学習
学習型 狭く深く 広く浅く
記憶量 少ない 多い
起点 生活 学問
利点 興味 理解
利点 ココロの動機付け アタマの情報伝達

それぞれの長所と短所を中立な視点から簡単に言うと、こんな感じ。

<経験学習>
長所:個別の学習過程から実践的思考を養う
短所:狭く深くでは基礎知識に欠け応用力が身に付かないのでは?

<系統学習>
長所:全体の学習理解から理論的思考を養う
短所:広く浅くでは記憶偏重になり応用力が身に付かないのでは?

そんで、この枠組みを使って言い換えれば、ちきりん女史の提案は、
「もうちょい経験学習を重視した方がいんじゃね?」というものです。

こんな感じ。


で、この提案を、バッタさんややまもとさんがボロクソに言ってるわけですが、ちきりん女史の提案自体は、歴史的に見ればすごく真っ当な提案なわけです。(学習指導要領や、算数・数学の教科書の変遷について詳しく知りたい方は、理数系の教科書会社としてトップクラスのシェアを誇る大日本図書のサイトを参考にしてください。)
教科書いまむかし -大日本図書-

コウモリは、ここで示されている学習指導要領の変遷をこう捉えています。

もっとコウモリのイメージを分かりやすくすると、こうです。


*5

つまり歴史的に見て、「経験学習と系統学習」は、どちらが良いか常に揺れながらバランスをとってきたと思うのです。*6
なぜなら、上記に挙げたように、どっちにも長短があるから。そして、自然科学的な答えなどまだ当分は出せないから。(Eラーニングとウェアラブルとビッグデータで教育効果が可視化される時代よ、早く来い!)

そのため、
①時代の要請に応じること、②個別の内容を検討すること、
このマクロとミクロの2点を重ね合わせながら、具体論としてバランス調整を考える議論をしなければならないと思うのです。

その意味で、ちきりん女史の提案は、かなりのクリーンヒットだったとコウモリは捉えています。対するバッタさんややまもとさんの意見は、①時代状況を踏まえた考察がなく、②個別の内容検討も意味不明です。

少しだけ、具体的に検討してみましょう。

4、マクロ:時代をどう捉えるか

インターネットの登場により記憶の外部化が進んでいる現代では、「単純な知識」よりも、それをどう「調べ・考え・使うか」の重要性が高まっています。

にも関わらず、です。
バッタさんの意見を見てみましょう。

「インターネットで検索すればすぐわかるから学校で教える必要はない」とは、あまりに浅薄な言い草です。この理屈に従うと、学校で教えるべきことは何もありません。

はぁ。検索すれば分かる「知識」を教えるのではなく、検索する前段階・検索した後段階での「調べ・考え・使う方法」を教えるべき、というだけです。

それで言えば、時代状況は、どっちかっていうと「経験学習」に分があるように思えます。

例えばちきりん女史の提案は、こうでした。
「住宅ローンの“元利均等払い”だといくら払うことになる?」などを学習してみては、と。

生活に近い個別の問題に対して、その答えを出すために必要な情報を調べ、いくつかの数値情報を吟味し、どれが信用に値するかを計算し判断する。この学習過程の中には、現在の『さんすう』『すうがく』の範囲を超える高度な数学的知識も含まれていますが、それを使いこなせることは重要です。

現代では、「情報を網羅して知っていること」以上に、「知らなかった情報を使いこなすこと」こそが重要だからです。その技能を習得してもらうためにこそ、経験学習(問題解決学習)は有効だと言えそうです。この点で、経験学習を押すちきりん女史の方が時代をよく捉えている、とコウモリは判断しました。

次に、もう1つの個別例を見ながら、重要な点を確認しましょう。

5、ミクロ:個別にどう捉えるか

まずはバッタさんの個別論の紹介から。

「台形の面積の計算方法を教えること」は、数学的思考法を育てることの一環だと理解できないのでしょうか。数学的思考法は、例え数学とは無縁の人生を送っていても何かと必要になる能力ですがね。

はぁ。台形の面積の計算方法から、数学的思考法なんか学ばねーよ。

数学的理解など存在しない実態

それは、実際の教育現場を見れば分かります。さんすう嫌いの人間にとっては、「ジョーテイ足すカテイ掛けるタカサ割る2」を呪文みたいに唱えて覚えるだけの代物です。呪文と化した公式学習の実態を見て、どこに数学的思考法が入り込む余地があるというのか。そして、この公式を身体に染み込ませるために、数時間もかけて計算ドリルをやらせるわけです。後の人生で使うことなど、ほとんどないにも関わらず。*7

ほんっと、くだらない! 

数学的理解など不要な実態

数学的思考法を理解する人間、つまり呪文として覚えるのではなく、「2つの三角形に分けると底辺は平行だから、高さは共用計算すりゃ早いかー」と理解する人間にとっても、台形公式など不要です。コウモリが小学生で、初めてあの公式を見たときには、思わず笑ってしまった覚えがあります。

「これ、公式にする意味なくね!?(笑) そんなの考えればすぐ分かんじゃん!」 

数学的思考法を理解する人間にとっては、1回聞いたら、それで充分でしょ。それにも関わらず、この公式を身体に染み込ませるためだか何だか知らないけれど、計算ドリルの宿題をやらされるわけです。いや、別にいんだけどさー、その時間、ちょうムダじゃね??? ドリルやんなくても、つーか公式なんかにされなくても、その計算方法を勝手に使ってますけど!?ていう。

しかも、実生活で台形の面積を計算した記憶はない。ほんと、あの計算ドリルのムダな数時間、返してほしいよ。子どもの頃の数時間ってすっごく貴重なんだからさ!

台形公式って何なの!?

つまり、台形公式を「知識」と捉えてしまう「さんすう苦手」層に向けては、もっと実用的な計算を教えた方が良いし、それを「理解」して使いこなせる「さんすう得意」層に向けては、もっと本質的な理数教育を施した方が良い。(ユークリッド原論とかでゴリゴリやりゃーいいじゃん)*8

分けるべきなんですよね、向き不向きによって。なんで台形公式を全員に押し付けたがるのか。バッタさんは、それが数学的理解に関わっていると本気で思っているのでしょうか。総論としては、系統学習派にも言うべき意見があるでしょうよ。それなのに、各論としての目の付け所が悪すぎだと思います。ここはちきりん女史がクリーンヒットかましてる箇所だとコウモリには見えます。

6、まともな議論と提案

このテーマに最も肉薄した、まともな反論に近い記事もありました。
「ただの知識」だけ学校で教えてもあまり役には立たない - 脱社畜ブログ

電脳クラゲさんの記事で、系統学習派として、唯一まともな意見。正直、これを見てホッとしました><; やっと、少しはまともな意見が出たか、と。

先に項目3で触れた「経験学習の短所:よく受ける批判」のテンプレ通りですが、再度紹介します。

知識をバラバラに入れただけでは、全然応用が効かない

経験学習に対しては、これがクリティカル。

定型反論

ただし、定型反論もあります。
「個別の問題解決から、知識を『探し考え使う』実践力、つまり応用する力が身に付くのだ」というものです。項目4の「住宅ローン計算」で触れたような形ですね。

そして、知識を体系的に学習する系統学習にも、同じような批判があるわけです。
「体系的に知識を詰め込むために記憶偏重になり、新しい事象に対して応用が利かないんじゃないの?」と。

もちろん、項目3で紹介したように、これにも定型反論があります。「全体知識の理解から、理論的思考力、つまり応用する力が身に付くのだ」というものです。

結論と提案

つまり、どっちもどっち。それぞれに長短があるわけです。

叩かれるのを承知の上で、身も蓋もないコウモリの自論を言ってしまえば、できる奴はどっちの学習法でも応用力が身に付くし、できない奴はどっちの学習法でも応用力なんか身につかないでしょって感じ。

だから!!!
応用力ってのをいったん脇に置いておいたとするならば。最低限、身に付けといた方が良いのは、「生活的知識」なのか「学問的知識」なのか、どっちなんでしょうね?

つまり!!!
経験学習が良いのか、系統学習が良いのか。それは、ヒトによって違うのかもしれないですよね。台形公式のところで2つに分けて話したように。

そこで、経験学習vs系統学習への新しい答えの1つとして、「対象者によって分けてみたらどうだろう?」というちきりんさんの提案があるわけです。

うひょー! これ、めっちゃ良い提案だと思うんですけどーーー(ゝω・)v


だから。最初にも言った通り、議論のレベルが下がっていたわけです。

LV1、バッタさん   →ちきりん氏のお粗末な科学教育論 - バッタもん日記
LV2、電脳クラゲさん →「ただの知識」だけ学校で教えてもあまり役には立たない - 脱社畜ブログ
LV3、ちきりんさん →下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記
時間軸上では、「ちきりんさん→バッタさん→電脳クラゲさん」の順で展開。

最初にちきりん女史の提案が出たあと、なんで議論のレベルを下げていくんですか!? 皆さん、学習指導要領の変遷くらいはざっくり眺めてから記事を書いてよね。日本の理系のイメージを下げるのはやめて頂きたい。(ちなみに、イケハヤさんが入ってきて議論のレベルを下げ切るところまでがネット言論のデフォルトですが、今回はここで打切りにして頂きたいものです。)

ちなみに、ちきりん女史は、ここに書いた程度の内容は、ぜんぶ「前提として分かった上で」記事を書いてらっしゃいます。分かりやすさと短さのために、こんなにクソ長くクドイ説明をしないだけで。

以上、変な記事の解説でしたー。
というわけで、最後は例のコトバで締めましょうか!




ほいじゃあの!


余談、ご指導ありがとうございます

昨日、増田からこういうエントリを頂きました。
はてなブックマーク - id:Rlee1984にはもうちょっとどうにかなってほしい
せっかくここで、「長文だから読みづらい」などのご意見を頂いていたのに、また長々とした文を、しかも多くの人に喧嘩売るような形で書いて、バカだなーと自分では思っています。

追記
その後、増田からこういう指摘も受けました。
Rlee1984はなぜイケダハヤトと同じくらいクズなのか

コウモリは、自分のことをバカだなーと思っています。けれども、それを殊更に書くことによって、「文章を書く責任から逃れようとしている」と受け取られるようです。だから次から、その表現を慎むようにいたします。
自分のことバカって言うの止めます - コウモリの世界の図解

たくさんのご意見、ありがとうございます。

*1:やまもといちろう イナゴ - Google 検索

*2:本人の役に立つ、という以外にも、社会に役に立つ、という意味での有用性など、様々な効果指標を含めたコトバとして「有用」の語を用いている

*3:このくらいも踏まえずに科学教育がどうとか言わずに、ちゃんと調べて! 調べる力は大事! ちなみに科学は、いつコペ転が起きて定説がひっくり返るか分からない仮説の集合体に過ぎないのだから、間違った科学信仰を広めるのも止めてよね。大事なのは、人類が積み重ねてきた仮説検証や議論のサイクルを踏まえること。つまり、過去人類の知の蓄積への敬意を払うこと。それこそが科学的態度でしょ? 義務教育を語るのに、学習指導要領についてググレば分かる最低限の枠組みも踏まえずに発言するのは、知や科学への冒涜だよ! そういう非科学的な態度で科学教育を語るなんて、ほんと失礼です(-"-)怒

*4:なので本来的な分類とは若干異なる部分を含みます

*5:※定性的・定量的な客観指標ではなく、あくまで個人的なイメージです。教科書が内包する学習量(時間ではなく量)の変遷などについての客観データをお持ちの方がいれば、この図を訂正するので、情報提供お願いしますm_ _m

*6:分かりやすさのために、経験学習と系統学習の対比の中で分類した位置を示していますが、実際の指導要領は、それぞれが少しずつ異なるベクトルの教育目的を持っていることを付け加えておきます。

*7:追記。当初は台形公式を「ゴミ公式」と表現しておりましたが、yukkie_strikeさんのブコメでのご意見を受け、言葉が行き過ぎたと反省したので修正しました。ご意見ありがとうございます!

*8:誤読が多いようなので、文面を訂正しました。この部分は、バッタさんの「主張」に対してではなく、いまの教育の「実態」に対しての意見です

TOP