読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

日本のマナー。ホームの整列はキレイなのに、妊婦を手伝わない理由と対策。

概要

1、マナーについての歴史的な経緯

2、マナーは2種類に分けて考えよう

( 約2100字 約2分 )

1、マナーについての歴史的な経緯  

最近、日本人のマナーが話題になっているようだ。

 →「昔はよかった」は本当か? 戦前の日本人のマナーがひどかった! | ダ・ヴィンチ電子ナビ

1970年の大阪万博を前に、当時のサントリー社長である佐治が「日本人の社会的マナーはひどい、このままじゃ恥ずかしすぎる」との思いで公共広告機構を作ったのだから、大正どころか昭和でさえ、日本人のマナーが悪かったのは常識だ。では、現在はどうだろう。この歴史的変遷について、コウモリの意見を整理する。

①元々、日本にはパブリック・マナーはあまり無かった(ex.旅の恥はかき捨て)。知らない同士が集まるパブリックな場所が少なかったから。知り合い同士で仲良くするコミュニケーションだけがあった(ex.和をもって尊しとなせ)。

②でも、都会というパブリックな場所の登場とともに、パブリック・マナーの必要性が叫ばれるようになった(ex.1970に公共広告機構が誕生)。それから約半世紀、パブリック・マナーも育ってきた(ex.東日本大震災時、駅で並ぶ人々の行儀良さ)。しかしまだ、日本にはパブリック・マナーがないという意見もある(ex.妊婦や障害者を手伝う人の少なさ)。この矛盾はなぜか。

③これは、知らない同士でのコミュニケーションが苦手な日本人が、独自にパブリック・マナーを発展させたから生じた矛盾ではないか。具体的には、マナーを「積極的マナー」と「消極的マナー」に分けて考えれば説明がつく。日本の都会では、前者ではなく後者を洗練・発展させてきたのではないか。

2、マナーを2種類に分けて考えよう

④ここで積極的マナーと呼ぶのは、「困っている人を進んで助ける」というマナーで、自分から積極的にコミュニケーションすることで知らない同士が上手くやるマナーのことだ。ベビーカーを持ってあげる、妊婦の荷物を持ってあげる、あるいは障害者・老人などへの配慮などだ。日本の都会では、この積極的マナーのレベルが低いようだ。駅の至る所に貼られる「席を譲りましょう」などのマナーポスターがそれを逆説的に表現している。外国人は、日本のマナーポスターを見て笑う。マナーとは当たり前のもの・習慣的なもので、ポスターで呼びかけられて身に付けるようなものではないからだ。

⑤ここで消極的マナーと呼ぶのは、「他人に迷惑をかけないようルールを守る」というマナーで、自分から積極的にコミュニケーションしないでも知らない同士が上手くやるマナーのことだ。日本の都会では、この消極的マナーのレベルが高いようだ。電車の列にきれいに並ぶし、あるいはコンビニでさえ列を作る。

⑥積極的マナーは、「個々人のコミュニケーションスキル」と連動している(ex.困っている人に声をかける・エレベーターで会話する)。消極的マナーは、「環境に設計したルール」と連動している(ex.コンビニにさえ並び線が引いてある)。この2つは、どちらを発展させるかでトレードオフがあるかもしれない。

f:id:Rlee1984:20140102002336j:image

⑦日本の都会は、知らない同士がコミュニケーションしなくても上手く社会が回るように、消極的マナーを、つまり個々人がルールを守ること・環境にルールを組み込むことを洗練させてきた。東京オリンピック開催決定にあたり、「kokkaiseimon」を「The National Diet Main Gate」と表記するようにしようというニュースが話題になった。これも、道が分からず迷う外国人を案内する『個別のコミュニケーション』を促進させるよりも、標識の環境設計を変更することで、余分なコミュニケーションをせずとも済むようにしよう、という発想が裏にある。

⑧ただしこの方針は、積極的マナーを必要としているような、外国人・老人・障害者・妊婦など、ルールに上手く乗れない・ルールに組み込みきれないマイノリティとどう向き合うのかが、常に問題となる。基本的には、これまで通りにルールの精緻化・洗練によってマイノリティを包摂する環境ルールの設計に勤しめば良い(ex.女性専用車両,標識のアルファベット表記変更)と思う反面、全てのマイノリティにルール設計で対応することには限界もあるだろう。

⑨僕の意見としては、いまさら積極的マナーを日本人全体に求めても仕方がないと思うので、積極的マナーの専門部隊を作れば良いと思っている。具体的には、積極的マナーを必要としている人自身や、その場面を見つけた周囲の人が「手伝って」というアプリのボタンを押して「マナー登録サイト」に通知する。そしたら、近くにいるマナー登録している積極的マナー登録員にサイトから通知が行き、そのマナー登録員が荷物を持ったり、ベビーカー通るので道を空けて下さいと声かけをしたりする。

⑩何をバカな、そんな登録なんてしち面倒くさいとか思う人もいるだろう極論なのだけれど、そのくらい、日本のパブリック・マナーは再考が必要な時期に来ていると思う。環境ルールの設計によって、パブリックでのコミュニケーションを省略することに成功したという点にはメリットもあると思うので(認知資源の省略は現代ではかなり大きなメリットだ)、なんか良い方法があればいいのだけれど。だれか良い案を教えてください。

→ 関連記事:

日本の「おもてなし」は世界で74位!? 日本人とフランス人の反応と議論 - コウモリの世界の図解日本の「おもてなし」は世界で74位!? 日本人とフランス人の反応と議論 - コウモリの世界の図解

野村総研のパブリックレビューでこの表を見て、「うわ、低い!」と僕は言った。それに対して、同居人は「ほら、やっぱりそうでしょ」と言う。→参考:観光産業の起爆剤とし...

なぜ日本の「外国人旅行者に対する態度」は世界74位なのか - コウモリの世界の図解なぜ日本の「外国人旅行者に対する態度」は世界74位なのか - コウモリの世界の図解

前回日本の「おもてなし」は世界で74位!? - コウモリの色眼鏡のつづき。我が家の国際派である同居人の感想としては。外国人旅行者への態度の面での「おもてなし」を...

 →コミュニケーションに関する次の記事 

問題解決には、4つのパターンがある -「わたし太った?」への答え方 理論編- - コウモリの世界の図解問題解決には、4つのパターンがある -「わたし太った?」への答え方 理論編- - コウモリの世界の図解

概要1、人間にとって問題とは何か → 問題ゾーン2、問題解決の4パターン   → 「関心・良悪」×「自分・対象」1、人間にとって問題とは何かおよそすべての問題解...

TOP