フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

なぜ炎上は起こるのか 解説前半

概要

 今日の図解。

 0、炎上について

 1、受信側の費用収益(エンタメ、優越、感染、防衛、判断・探索が容易)

 ( 約5100字:約5分10秒 )

 

ーーーーー後半の予定ーーーーーー 

 2、送信側の費用収益(承☆認!、発言コストと認知コストとリスク)

 3、場所の設計   (メディア環境)

 

今日の図解。 

f:id:Rlee1984:20131210222833j:image

 0、確認。

分かるとは思うけど、いまから話す炎上って、まあ火事とか山火事とかのことじゃなく、「非難型で注目される」あれのことね。で、非難されることへのあれやこれが話題になっていて、にも関わらずみんな好き勝手なこと言って整理する人いないから、ちゃんと整理しとこうと思った次第。なお、あれやこれの簡単な一覧はページ末。

 そんで「炎上」ね。罪や嘘や悪口を発信して、いろんな人から非難・批判・誹謗・中傷が飛んできて話題になる、みたいなアレ。ここでは、あえて非難されやすい発信をして注目を集める「釣り」も、大きくは炎上の中に含まれることにする。自分で意図して罪・嘘・悪口をやるってパターン。その話のあれやこれやの説明もしたいので。 

f:id:Rlee1984:20131210222658j:image

1、受信側の収益費用

 受信者収益を4つ考えた

「受信側」って、最初に発信して炎上しちゃった人じゃなくて、その発信を見るヒトのことね。見るだけじゃなくて批判するヒトも含めて。

 で、受信側にしてみれば、4つくらいの目的っていうか理由っていうか利益っていうか、そういうのがあると思うんよ。大まかに言えば、エンタメ・優越・伝染・防衛。

 受信者収益① 感情変動したい:ムカつきたい

 それにしても、ヒトは炎上が好きだよね。誰かや何かが非難されているものを見たり、あるいはそれに加わったりするのが、もう大好きみたい。なんでだろ?

 それで考えてこれ、理解してもらえるか分からないんだけど。。。人間ってホラーとか絶叫マシンとか好きでしょ?怖いのに。あと、悲劇も好きでしょ?悲しいのに。そういうのと一緒で、人間ってムカつくものが好きだと思うんだ。腹が立つのに。

 どれも、安全確認がとれた条件下での、仮の「恐怖」「悲哀」「憤怒」なんだよね。つまり感情変動って、たとえネガティブな感情だとしても、その前提として「あなたは安全ですよ」って確認がとれてれば、エンターテイメントなわけ。人間は、安全が保証された席に座りながら、叫びたいし泣きたいし怒りたい。ていうかむしろ、コウモリの定義するエンターテイメントは「安全な状況下で感情変動を起こすコンテンツ」てことなんだけど。

 そういうわけで、炎上案件て、「ムカつく」内容なのに、そうと分かってムカつかせる記事や意見を読みに行く理由って、エンターテイメントだからなんだよね。安全な場所から、ムカつきたいんだよ。逆にムカつけなかったらガッカリする人がいるんじゃない?て思う。

 その「感情変動」、略して「感動」こそがエンターテイメントだから。「感動」て意味のコトバ、これからこっちの意味に変えていってほしいと思っているくらい。

受信者収益② 優越感:バカを見下したい

 で、炎上案件を見ることは、「怒り」の感情変動があるってこと以外にも、別の種類の感情変動も期待できる。それが「優越感」。まあ、怒りが基本的な情動とされてるのに比べると、今度は少し二次的な感情で、ヒトによって定義やらなんやらが違うので面倒くさいけれど。ただまあ、おそらく進化の過程で生まれた、それ。ヒトが集団生活を送っていて、そんとき集団内で優越的な立場にいた方が、食糧を得る確率も高いし、性交相手を得る確率も高い。そういう自然淘汰とか性淘汰の過程で、「他者より上の立場を得ること」を促進させるメカニズムとして「快感としての優越感」を獲得したんだと思う。そう考えるなら、「優越感」てものの存在を、ある程度は納得できる。

 で、いま。その「優越感」を得たいがために、非難しても自分には関係がないような、アカの他人をも非難する。あるいは、非難されてるのを見て楽しむ。それが、炎上がなくならない受信者側の理由の②。でもこれって、いわば優越感システムの誤作動だよね。何の関係もないアカの他人を非難しても、現実の自分の立場が上昇するわけでもないし、むしろ逆じゃないかなって思うこともあるくらい。

 だから、炎上に乗ってアカの他人を非難したりその様子を見る以外に、「優越感」を満たすトリガーを現実の中でたくさん持っている人にとっては、「なんじゃそりゃ?! 意味ねー優越感情の誤作動してんなー」って思うだろうね。まさに「バカって言ってる奴がバカ」ていう。

 まあでも、バカを見つけて「バカ!」って批判するのが楽しいって思う機能が人間には組み込まれてるわけだし、ある程度は仕方ないんじゃないかなって思う。特に、そうする以外に「優越感」を持てるチャンスがない、ルサンチマンがたまっているような人にとってはさ。じっさいコウモリも、言うよ。「バカ!」って。優越感を持てるチャンスなんてほとんどない日々だから。もちろん、言われて困るような人には言わないようにしているし、ときどきのことだけれど。ちょっとは賢そうだったり、ちょっとは立場があったり、そういう「優越感に満腹な人」がバカなこと言ったときには、「これは言ってやってもいいかな」って思っちゃう。

受信者収益③ 価値の伝染:みんなと同じ

 で、次の受信者側の理由は、「みんなが注目していることには注目する」っていう性質。これもヒトが集団生活を営む上で身に付けたと思しきやつで、人だかりが出来ていると「何かな?」って見たり、あるいは他人の視線を追ったり。そうやって他人の注目に乗っかることで、エサやピンチに早く気付くための有益な情報にありつけた。そっから獲得した性質として、同じことしたい・同じことするのが利益だ、ってメカニズムが組み込まれてるだろうと思う。漢字で言えば、「認知価値の伝染」っていう感じかな。加えて、他者の注目(認知価値)が伝染するだけじゃなくて、「これはヒドい」「これはバカ」みたいな、その感情(価値判断)までも伝染すると思うんだよね。今度は「価値判断の伝染」っていう感じ。その2つが合わさって、炎上に勢いが増す、て感じじゃないかな。

受信者収益④ 価値観の防衛:自分の正しさを守りたい

 あと、最後の受信者側の理由。「バカ」って思う・言うことで優越感を感じたいというより、自分の価値体系の正しさを確認したい、あるいはその価値体系を守りたいっていう防衛心。

 たとえば、ある女が亭主の留守中に浮気したとする。そんで、その女(ニュースの発信元)に非難の声をぶつける受信者たち。

 これ、「自分がしたくても出来ない浮気をするなんて、腹が立つ」ていう気持ちで非難している人もいるだろうし、「夫婦のあいだであってはならない浮気をするなんて、腹が立つ」ていう気持ちで非難している人もいるだろう。でも、どっちの場合も、自分が従っている「浮気しない価値観」を覆されるのが嫌で、自分の価値観を守るために「浮気してはいけない」という正しさを主張してるって意味では同じだと思うんよね。「浮気くらい、いいじゃん…アタシもしてるし」とか「浮気とか、それぞれの夫婦の問題だし、アタシには関係ない」とか思う人は、何の声もあげないと思うんよ。

 そういう意味で、自分とこの夫婦とかで「自分の価値観が揺らぐ可能性」が高い人ほど、それを守るために必死で非難の声をあげてると思う。つまり、自分が浮気してしまいそうな人とか、自分も浮気したいのにできない人とか、相手が浮気しそうで心配な人とか。あるいは、浮気関連で実際に痛い思いをした人。

 ちなみに、この自分の価値観を守りたいっていうのは、「一貫性の原理」から説明できるので、そういう感じかな。あぁ…でもこれ、あまり実証性に乏しい概念なので、コウモリの理解を書いとこう。「価値観」って、組み上げられた認知判断・行動規則の束だと思うんだけど、いってみれば脳内に作り上げたアプリケーションだと思うわけ。で、その価値観アプリ(浮気ダメよ!)と相容れない情報(浮気などの炎上案件)があったとして、古いアプリを破棄してまで、新しい情報に適合するアプリ(浮気オッケー)をインストール・構築するのは認知コストが高すぎる(長期にわたりいっぱいメモリを使う)。だから基本的には、古いアプリをバージョンアップさせて対応することになる。逆に言えば炎上案件って、古い価値観アプリを強化するためにこそ使われている。って感じ。 

受信者費用を2つ考えた

 次に、受信者側の費用について。ここまでは収益というかメリットというか動機というか目的というか、そういうものを説明してきたわけだけど。もちろん、その対となる理由もあると思うわけ。費用というかデメリットというか、それの少なさね。2つくらい考えたので、それを書く。ひとつめは「探索→認知」のコストがお手軽っていう件で、ふたつめは「認知→判断」のコストもお手軽って話。

受信者費用①    まとめサイトやブクマ数で、手軽に見つけられる

 ネットが誕生して「炎上」が話題になって。で、炎上を求める人間の欲望(エンタメ欲しいとか優越もつ対象ほしいとか)に合わせて、PV稼ぎとして悪意あるまとめをする人やそういう仕組みのサイトとか、あるいは炎上を狙った「釣り」が生まれた。「探索」「判断」のコストを下げてやれば、上記の利益を見込んだ人間が食いついてくれるから。

 だから、炎上案件に対して人間の欲望(利益)があれば、その欲望に合わせたサイトやツールが出てくるし、それらサイトやツールの環境設計によってコストが下がれば、より多くの欲望(利益)が駆動・収集される。そういう意味で、そこにはある種のループ構造がある。ニワトリ・タマゴ的な。イタチごっこ的な。

受信者費用② 非難を判断するのは、低コスト

 賢い内容、、つまり、新しくて難しい内容は、それを理解して判断するのに認知コスト(費用)がけっこうかかる。それに比べると、すでにある知識や価値観の中で「ちげーよ、バカ!」て即断できる内容は、認知的にとってもお手軽。アタマ使わなくていい、つまり認知コストは超低い。

 そういう意味で、炎上につながるようなものって「単純すぎるバカ」だからこそ、認知コストを使わずに「バカ!」って言いやすい(にも関わらず、上記4つの利益が見込める)。それが「炎上」がなくならない理由よね。言論・意見としては生産性のない、安くてお手軽な感情商品だけど、ヒトは安さを求めるんだもの、仕方がない。

受信者の費用収益についてまとめ

 うーん、やっぱ長くなってきた。なんで、ひとまず受信側について言いたかったことを一旦まとめとく。

 これ、人間が上記のような利益を狙って「炎上案件」というエサを探している生き物だとして。そのエサが食べにくかったり見つかりにくかったりすれば、他のエサに行くと思うんよね。別のとこにもエンタメ物件や優越物件あると思うわけ。

 で、上記の収益つーか目的のうち、下2つの「感染・防衛」って、炎が広がってて探索しなくても視界の中に入ってくるくらい、「認知探索が容易」だからこそ、生まれる動機だと思うんよね。逆に言えば、認知探索の容易さの設計次第では、別に炎上案件じゃなくても他のエサを探すんじゃないかなー、て。いや、本当に他にいいエサがあるかどうかは知んないしまだ考えてないけど、少なくともその可能性はあるわけで。炎上を減らすとか無くすとかの話をする上では、ここが焦点になると思うんです。ですよね?  ( id:topisyuさんと id:p_shirokumaさんに向けて)

  そういう感じでコウモリは捉えている。ひとまず、初めてidコールなるものをしてみて、自分も炎上するのかどうか、ちょっと怖いのだけれど…言いたいことがあるし、整理したいので、書いた。

明日、後半を書く。主に送信側の費用収益と、プラットフォームの設計について。 

図解と追記。 

f:id:Rlee1984:20131209093036j:image

言いたかったポイントは。

炎上は仕方ないって言うけど、それは費用②と収益①②しか見てないんじゃない?って思った、と。費用①は、設計で改変できる可能性もあるし、収益③④はそれに付随対応するだけ(イタチごっこ論は次回に詳しく)。だから、収益①②に対応するエサ、炎上案件以外のエサを社会の中に作ったり、もしくは費用①が収益①②の割に合わないくらいになれば、減るんじゃね?てこと。

 つまり、id:topisyuさんにコメントいただいた「受信側目線で考えよう」(→元トピ職人の解説など • [コラム]「こちら」の世界)てことよりも、「それぞれの費用収益の可変と不変を、ひとまず分けて考えよう」てのがメインのつもりです。可変てのは、代替可能性と変更可能性の両方です。分かり辛くてすみません ;

  →つづき。

なぜ炎上は起こるのか 解説後半 - コウモリの世界の図解なぜ炎上は起こるのか 解説後半 - コウモリの世界の図解

概要0、炎上について1、受信側の費用収益(エンタメ、優越、感染、防衛、判断・探索が容易)ーーーーーここまで前半、ここから後半ーーーーーー2、送信側の費用収益(承...

 

なぜ炎上を用いた「釣り」は生まれるのか - コウモリの世界の図解なぜ炎上を用いた「釣り」は生まれるのか - コウモリの世界の図解

概要0、釣りとは1、釣りの収益 ①金銭 ②承認 ③その他2、釣りの費用 ①他のエンタメと比較 ②他の知的意見と比較3、釣りの損失 ①精神支出 ②信頼喪失参考  ...

<非難・炎上についてのあれこれ>

受信側 非難する側は観客のつもり、でもみんな演者でしょ、て話 

  id:denpanohikari 自分は観客だと思っている人たち - まつたけのブログ 

発信側タイプA:非難されて、疲れた 

  id:sclo-a  ブログ更新の気力を失ってました - 僭越ながら 

    id:paradisecircus69 ブログ更新の気力を失ってるのに4回も更新してるバカ - あざなえるなわのごとし 

       id:watakochan  今のスタンスではてなブログで書き続けてると、潰れるだろうなと思った話 - 体調わる子の毒吐きブログ

発信側タイプB:金めあてだから非難されたくらいで疲れんでしょ

    id:the-world-is-yours  はてなブログで書いた記事が炎上すると「炎上=銭」の図式が強烈にすり込まれる - 俺のメモ

発信側タイプC:非難されても、気にするな 

       id:noabooon  批判コメなんて9割は「読む価値ない」んだからほっときゃいいのに - 大彗星ショッカーのヒマつぶし2

発信側タイプD:非難されたら、嬉しいよ

       id:topisyu 野次や文句を読むために文章を書いています - 斗比主閲子の姑日記

発信側タイプE:非難歓迎、されて嫌なら握りつぶせ

      id:hagex  野次や文句はブロガーにとってご褒美 - Hagex-day info

発信側タイプF:非難されるのは、ある程度受け入れるしかないんじゃね

   id:fujipon  それでも、ブログには「観客」が必要なのだと思う。 - いつか電池がきれるまで

      id:p_shirokuma  黒っぽいレトリックを駆使してPVを稼いでいるブロガーは、どこでブログを書いてもウンコまみれになるのでは - シロクマの屑籠  

 

TOP