読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス女性と同棲中

ナンパしたフランス人と同棲する高卒ニートの整理と極論

IPPONグランプリ関連 全体の目次と感想

2013.11.23で、10回を数えたIPPONグランプリ(フジテレビ)。

なかなか面白い番組で、よく練られている。

過去データも溜まったので、これからいくつか関連記事を書く。

大まかには

①問と答と点について(文字起こし)

②大喜利について(分析・解説) 

③番組について(比較・解説)

④その他もろもろ 

以下、リンクと詳細。

 

①10回分の問題・解答・点数、松本チェアマンのコメント、文字起こし。

   →第10回IPPONグランプリ 1回戦Aブロック前半

   →第10回IPPONグランプリ 1回戦Aブロック後半

   →第10回IPPONグランプリ 1回戦Bブロック前半

   →第10回IPPONグランプリ 1回戦Bブロック後半

   →第10回IPPONグランプリ 決勝戦

 ②番組の仕組み。

   →問題解説① 「写真で一言」という問題フレーズ

   →問題解説② 問題の広がりと解答者

   →解答解説  席順、立場。なぜ「飛び道具」を入れるのか

   →点数解説  評価システムの利点。

 ③笑いと大喜利の仕組み。

   →大喜利文化 現代の和歌・俳句。学校国語で扱え。

    →笑い理論 優越の理論ー放出の理論ー差異の理論

    笑い模型:成功と失敗ー緊張と緩和ー意外と共感

    進化原型:false alarm =思考のエンジンブレーキ  

    必要条件:思考を促す →戒 ・怪(ちゅうい・おかしい)

         思考を止める→下位・快(くだらない・こころよい)

    対応技術:思考を促す →フリ・ボケ  

         思考を止める→オチ・ツッコミ・フォロー

    類似比較:アハ・感心、ホラー・嫌悪、シリアス・悲哀

 

TOP